スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「麗子」像傾き、誰かが戻す? =補強修理の方針―東京・亀有(時事通信)

 東京都葛飾区のJR亀有駅北口の漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の登場人物「麗子」像が何者かに曲げられた事件で、像が元の姿勢に戻されていることが24日、同区などへの取材で分かった。
 同区によると、22日正午ごろ、職員が像の前を通りかかった際、傾きが直っているのに気付いた。しかし、同区は金属の強度が弱まっているとみて、修理する方針という。
 像と台座の接合部分から左側に傾けられているのが19日に見つかり、同区は被害届を提出。警視庁亀有署が器物損壊容疑で捜査している。 

トキ、抱卵中断=ふ化難しく―新潟県佐渡市(時事通信)
一部ユニット型特養の柔軟な整備を―9都県市が国に要望(医療介護CBニュース)
<南アW杯>巨大漫画でエール 日本代表26日未明出発(毎日新聞)
逃走中? 電車にはねられ死亡=男性が踏切立ち入る―東京・八王子(時事通信)
普天間移設 首相「辺野古」表明 知事「厳しい」(毎日新聞)

糖尿病治療題材に寸劇 医師らの本音、黒子が代弁(産経新聞)

 糖尿病の治療には、食事や運動などの生活習慣を長期に見直す必要がある。しかし、患者がインスリン注射や食事療法などに同意しなかったり、守らなかったりする事例も多い。こうした中、診療や療養指導を寸劇で再現して患者と医療側双方の本音を探り、治療の改善を目指す関係者向けのワークショップが反響を呼んでいる。(草下健夫)

 医師「前からお勧めしたように、インスリン注射を始めましょう」

 医師の黒子(今日こそ“うん”と言ってくれ)

 患者「私の努力不足。歩くので待ってください」

 患者の黒子(絶対嫌。今まで歩いていなかったから、歩いたら良くなる)

 医師「待って待ってで、もう2年。合併症が出る前に始めましょう」

 医師の黒子(今日こそ説得するぞ。今さら歩くなんて、よく言うよ)…。

 日本糖尿病学会で昨年5月、寸劇「糖尿病劇場」が“初演”された。会場の医療関係者からは「医師は血糖値を下げる意思だけでやっている」「患者も手ごわい。看護師の力を借りては」「患者はどうなりたいと思っているのだろう」といった意見が飛び交った。

 糖尿病劇場は、患者と医師ら医療従事者に加え、双方の黒子が出演して会話に出ない本音を語ることで、コミュニケーションギャップを浮き彫りにする試み。関係者の勉強会などで上演されるようになっている。

 主宰する有志の医師の一人、朝比奈クリニック(東京都日野市)の朝比奈崇介(たかゆき)院長は「治療がなぜ拒否されるのかを理解するため、医療従事者がどう働き、患者がどう思ったか、といった関係性に注目した」と説明する。

 医療従事者の間では「あの患者はコンプライアンス(医師らの指示を守ること)が悪い」といった言い方があるという。コンプライアンスが悪い原因は、患者にインスリンなどに対する情報や理解が不足しているため、との見方がある。

 これに対し、朝比奈院長は「コンプライアンスという言葉を、糖尿病のような慢性疾患で使ってよいのか疑問。痛みや熱などの治癒が目標の急性疾患と違い、慢性疾患は治癒が難しい。長期化する分、患者も病気のことを勉強する時間がある。急性疾患とは哲学が異なるのでは」と提起する。

 病院から「食事を何キロカロリーに」といった説明を受けるが、「患者は自発的にそうしたいと思わないと実行しない」と朝比奈院長。

 医療側にとっては血糖値などが改善しないジレンマはあるが、患者の思いを受け止め、ステップを踏み、「よくなりたい」と思うことが大切。ただし、治療結果の責任を患者が負う面も出てくるという。

 「糖尿病劇場のせりふに正解はなく、患者ごとのケース・バイ・ケース。医療従事者に考えてもらうことに意義がある」と朝比奈院長は説明する。

【関連記事】
ある日突然「沈黙の殺人者」が… 合併症リスク高める高血圧症
不眠治療薬、開発相次ぐ 需要3000万人
日本人の10人に1人が発症 爪が足親指に食い込み激痛「陥入爪」
製薬業界の「2010年問題」とは? 主力薬品特許切れ続々 収益源に危機感
「慢性すい炎」大酒飲みの男性は注意、生活習慣の改善が重要
中国が優等生路線に?

暫定税率は環境税に移行へ 民主マニフェスト企画委(産経新聞)
普天間、大枠合意へ調整=月内に外務、防衛相会談―日米(時事通信)
<雑記帳>「かながわ卒煙塾」塾長に舘ひろしさん(毎日新聞)
母の遺体、自宅に埋める=遺棄容疑で息子逮捕―奈良県警(時事通信)
大麻所持でミュージシャン実刑=「YOU THE ROCK★」−横浜地裁支部(時事通信)

物置に女性遺体、遺棄容疑で前夫を逮捕(読売新聞)

 静岡県御殿場市萩原の民家の物置で、同県伊豆の国市中、職業不詳久松紘子さん(当時25)の遺体が見つかった死体遺棄事件で、県警は8日、久松さんの前夫で、同県清水町久米田、リフォーム業桑田一也被告(43)(詐欺罪で起訴済み)を死体遺棄の疑いで逮捕した。

 発表によると、桑田被告は今年2月下旬から3月上旬にかけて、久松さんの遺体を発見現場の民家の物置に遺棄した疑い。桑田被告は「人目につかないように隠した」などと供述し、容疑を認めているという。

 調べに対し、桑田被告は「(久松さんの)首を手で締めて殺害した。生活費などについてトラブルがあった」と話しており、県警は殺人容疑でも追及する方針。

 桑田被告は昨年、久松さんと結婚し、今年3月に離婚していた。

移設決着期限で首相「5月末は国民への約束」(読売新聞)
G7財務相が電話会談へ=ギリシャ問題で協議−菅財務相が示唆(時事通信)
【2010参院選 比例代表 予想の顔ぶれと情勢】新党ラッシュ、議席いくつ?(産経新聞)
訪問介護の院内介助、必要に応じて算定可能―厚労省(医療介護CBニュース)
タイガースかぶとを配布 親子連れら約100人に 大阪・阪神百貨店(産経新聞)

池袋西口公園で古本まつり(産経新聞)

 豊島区西池袋の池袋西口公園で21日、「本を持って 街に出よう(旅・食・のりもの)」をテーマに、古本まつりが始まった。29日まで。

 平成17年から年2回実施しており、今回は46店舗が参加。美術書や文学全集、図鑑、写真集など約50万点が並んだ。

 臨時書店となった特設テントは、昼休み時間になるとサラリーマンや学生らでにぎわっていた。本を探していた男性は「退職後、東京に引っ越してきたが、古本まつりは東京での楽しみのひとつ」と話していた。

<皇室>皇太子さまが第一次大極殿完成記念祝賀会に出席(毎日新聞)
裁判員制度合憲 初の司法判断 東京高裁(産経新聞)
ハウステンボス HIS傘下で新装オープン 長崎・佐世保(毎日新聞)
都職員の活字離れ深刻 1割が「本読まない」(産経新聞)
仙谷氏への批判、閣僚から相次ぐ=衆参同日選発言(時事通信)

障害者団体の元事務局長逮捕=総額500万円以上横領か−長崎県警(時事通信)

 障害者が安心して暮らせる町づくりを目指す社団法人「長崎県手をつなぐ育成会」の資金約30万円を着服したとして、長崎県警長崎署は22日、業務上横領容疑で、元同会事務局長川原武司容疑者(49)=長崎市平山町=を逮捕した。同署によると、容疑を認めている。被害総額は約565万円に上るとみられ、同署が詳しく調べている。
 逮捕容疑は4月1日、長崎市内の銀行で同会名義の普通預金口座から現金約30万円を引き出し、着服した疑い。 

【関連ニュース】
交番巡査長が1500円横領=拾得物の財布から、容疑で逮捕
切手7530円分着服、書記官を免職=横領容疑で告発も
きらやか銀行員、横領容疑で逮捕=被害総額は7700万円
会社の金で高級ブランド品=海外旅行、ホストクラブ…
NOVA元社長を不起訴=特別背任容疑、管財人告発

巨大こいのぼりのトンネルにウキウキ 墨田区役所(産経新聞)
CG使って平等院鳳凰堂の内部再現(産経新聞)
<天皇陛下>皇居の苗代に種もみまく(毎日新聞)
中国地震、救援進まず 死者617人 児童200人生き埋め(産経新聞)
<原口総務相>児童ポルノサイトへのアクセス遮断「可能」(毎日新聞)

<天気>オフィス街は冬景色 もう春なのに 冷え込み続く(毎日新聞)

 前日からの寒気に加え、北東から冷たい海風が入り込んだ影響で、関東地方は16日朝も厳しい冷え込みとなった。都心のオフィス街では、冬物のコートを着たり、マフラーを巻いたりして、身を縮めながら通勤する姿が目立った。

 気象庁によると、各地の最低気温は東京・大手町4.6度(平年10.6度)▽千葉市4.4度(同10度)▽さいたま市4.5度(同8.4度)▽横浜市4度(同10.3度)▽前橋市3.5度(同7.9度)▽宇都宮市4.6度(同6.8度)など−−。

 東京都心の同日の予想最高気温は7度で、平年を11.5度下回る真冬並みの低さ。17日も平年より気温が低い状態が続くが、18日には暖かさが戻る見込み。【小泉大士】

【関連ニュース】
強風:北海道で40.6メートル記録 秋田ではけが人も
火災:強風で8棟焼き延焼中 札幌
強風:東北、北海道で被害 秋田では屋根から転落死も
寒暖の差:原因は平年より強めの寒気と暖気のせめぎ合い
桜:造幣局の「通り抜け」始まる 見物客1500人 大阪

仕分け第2弾は天下りにメス、47法人を決定(読売新聞)
遊歩道のチューリップ、500本折られる(読売新聞)
日本人の米国留学 10年で4割減少の理由(J-CASTニュース)
版権代は秘密「1Q84」5月に中国本土版(読売新聞)
議員の出席率10%程度―空席ばかりが目立つ民主・介護議連(医療介護CBニュース)

「話した記憶ない」 村木被告、偽造指示を否定 郵便不正公判(産経新聞)

 障害者団体向け割引郵便制度をめぐり偽の証明書を発行したとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の第17回公判が14日、大阪地裁(横田信之裁判長)で開かれた。被告人質問が行われ、村木被告は証明書を偽造したとされる厚労省元係長、上村勉被告(40)について「一対一で話した記憶がない」と述べ、偽造の指示を否定した。

 また、取り調べ検事に「執行猶予ならたいした罪ではない」と言われたとして「私にとっては罪人になるか、公務員として30年やってきた信用を失うかの問題です、と泣いて抗議した」と涙ながらに振り返った。

 検察側はこの日、厚労省元部長や障害者団体「凛の会」関係者ら計4人の供述調書を証拠申請。横田裁判長は、供述の経過を示す物として採用し、供述調書としての採否は持ち越した。

【関連記事】
検察側、「凛の会」元会長の再尋問請求 郵便不正公判第15回公判
郵便不正第14回公判、地検特捜部「適正な取り調べ」を強調
郵便不正公判 証人尋問で取調官「調書“作文”ない」 メモは廃棄
郵便不正公判 障害者団体発起人、偽証明書提出認める
郵便不正公判、検察側やや守勢 まもなくヤマ場の元係長尋問
外国人地方参政権問題に一石

1Q84 朝からファン、書店「ありがたい話題」 名古屋(毎日新聞)
民主との連携否定=平沼代表(時事通信)
銀座に巨大カーネーション登場 母の日まで展示(産経新聞)
男性の復職、なお拒否=免職取り消し判決を無視−阿久根市(時事通信)
<JAL>若田さんと宇宙に長期滞在したラッキーベアを羽田で展示(毎日新聞)

首都高速と阪神高速の通行料金 普通車500〜900円に(産経新聞)

 国土交通省は8日、現在は定額制の阪神高速と首都高速の通行料金を、走行距離に応じて、普通車で500〜900円程度、大型車で1000〜1800円程度とする方針を固めた。近く両高速道路会社など関係自治体との調整に入るが、移行は6月以降になる見通し。

 現在の料金は、阪神高速阪神東線や首都高速東京線が走行距離に関係なく普通車700円などの定額制となっている。短距離で利用する人には値下げに、長距離の利用者には値上げとなる。

 国交省は阪神、首都以外の高速道路には6月から走行距離が長くても一定以上の通行料は徴収しない上限制を導入する方針。

【関連記事】
GWの高速道渋滞予測 旅は忍耐…10キロ以上444回
高速料金、実質値上げ? 割引サービスが次々消滅って
21年度の瀬戸大橋線の利用が過去最低 高速割引などが影響
環境未来都市へ、4地域で次世代送電網の実証事業 経産省が選定
マニフェスト「優先順位」浮上 財源難で苦肉の策

<両陛下>静養で静岡入り(毎日新聞)
<患者骨折>元看護師を再逮捕…別の女性への容疑 兵庫県警(毎日新聞)
パトカーの覚せい剤、3年前に移送の男が隠す(読売新聞)
<核安保サミット>幸夫人同行せず 首相「公務専念」演出?(毎日新聞)
外国人参政権に反対 市民団体が東京支部(産経新聞)

「矯正可能性は絶無」大阪の強殺被告に死刑求刑(読売新聞)

 大阪市旭区で2001年8月、薬局経営・田島英代さん(当時84歳)を殺害、売上金を奪ったとして強盗殺人罪などに問われた元塗装工・今村宗則被告(49)(別の強盗殺人事件で無期懲役が確定)の論告求刑が31日、大阪地裁(杉田宗久裁判長)であり、検察側は「人命の尊厳を一顧だにしない犯行は鬼畜の所業。矯正可能性も絶無だ」と述べ、死刑を求刑した。

 公判には、田島さんの長男(59)も被害者参加制度を利用して出廷、「被告が再び社会に戻れば、同じような被害者が出る。遺族の心情を考慮し、死刑にしてほしい」と求刑意見を述べた。

 起訴状では、今村被告は01年8月28日午後9時頃、客を装って薬局に入り、田島さんを絞殺。売上金約7万円などを奪ったとされる。

 今村被告は、この事件の2週間前に同市北区で起きた強盗殺人事件の容疑者として01年10月に逮捕された。

 05年1月に無期懲役が確定し、服役中の08年8月、田島さん方に残されていたタオルの再鑑定で今村被告と同じDNA型が検出され、同年11月に逮捕された。

<痴漢容疑>電車内で 警視庁警部補を逮捕 千葉・容疑否認(毎日新聞)
拉致家族ら追加制裁要請=中井担当相に「送金・渡航全面禁止を」(時事通信)
裁判員裁判 長女殺害の元団体役員に懲役7年(産経新聞)
アフガニスタン 不明の常岡さん グルジア取材でも拘束(毎日新聞)
医療政策の転換が必要―医療ツーリズムで開原氏(医療介護CBニュース)

【あれから、15年 警察庁長官銃撃事件】(中)「供述100%あてにならない」(産経新聞)

 ■元巡査長に振り回され

 男「そこまで言われると私が撃ったんですかね。でも長官を撃った実感がわかないんですよね…」

 捜査員「感覚を聴いているんじゃない。事実だけを語ってくれ」

 警視庁南千住署捜査本部は時効が迫る昨年10月以降、十数回にわたって男から事情聴取を重ねた。動揺をみせるそぶりをしたり、1時間も黙り込んでしまうこともあった。男はオウム真理教信者だった警視庁元巡査長(44)だ。

 「実行犯でなくとも、現場を下見するなど事件に関与したことは間違いない」(捜査幹部)。元巡査長はこれまでに「現場近くで右側駐車し職務質問された」と供述。実際の状況は少し違っていたが確かに職務質問されたことは事実で、「右側駐車」のキーワードは“秘密の暴露”にあたると捜査本部は踏んだ。

 だが、職務質問されたのは元巡査長ではなく、別の信者から聞いた話を自分の体験のように語った可能性を排除できなかった。

 元巡査長の説明は揺れ続けた。事件は元巡査長の供述に翻弄(ほんろう)された歴史でもあった。時効直前になってようやく導きだされた答えは、「元巡査長の供述は百パーセントあてにならない」(警察幹部)ということだった。ここまで振り回されたのはなぜか。

                   ◇

 平成8年3月、教団幹部はこう供述した。「事件はテレビの速報テロップが流れる前に(元巡査長から)知らされた。彼が何か知っているのでは」。警視庁公安部はひそかに元巡査長を聴取。すると驚くべき証言をした。「長官を撃ったような記憶があるんです」

 直ちに極秘のプロジェクトチームが編成され都内のウイークリーマンションに隔離し事情聴取を重ねた。結果的に10月になって報道で表面化し、公安部長の桜井勝(65)は更迭、警視総監の井上幸彦(72)も引責辞任を余儀なくされた。

 その後も公安部は水面下で聴取を重ねた。動き出したのは14年暮れ。「下見をした」「実行犯にコートを貸した」…。元巡査長は実行犯でなく支援役だったとの筋書きでストーリーを組み立てた。さらに、クリーニングに出したコートからは、拳銃を発射した際にできる「溶融穴」があった。鑑定で「長官事件の銃弾の一部としても矛盾はない」との結果も得た。

 初めてのカチッとした証拠。「元巡査長の供述が裏付けられた」(当時の捜査幹部)として東京地検を説得。16年7月に元巡査長を含むオウム幹部ら4人を逮捕した。だが、再び元巡査長は「自分が撃ったかも」と供述。結局、不起訴処分となった。またも元巡査長に翻弄されたのだった。

                   ◇

 「供述ではなく物証で勝負するしかない」(捜査幹部)。捜査本部は19年以降、元巡査長の所持品の鑑定を進めた。アタッシェケース、手袋、眼鏡、マスク、革靴、机の引き出し…。いずれからも火薬成分の鉛とバリウム、アンチモンが検出された。

 だが、3成分が一体となっていれば拳銃を発射した際の「火薬残渣(ざんさ)」と類推されるが、バラバラに付着していたことから火薬残渣との結論は得られなかった。元巡査長は事件1カ月前の警視庁の部内講習で拳銃訓練をしており、この際に付着した可能性もあった。

 8年の「実行犯」から16年の「支援役」、そして時効前に再び捜査本部は「実行犯」とする筋立てに戻った。警視庁上層部が元巡査長実行犯説を強く主張したためとされる。

 「個人的にはもう元巡査長は無理だと思った。だが上層部の意向には逆らえない。限られた時間を有効に使えていたのか思いを巡らすと悔いが残る」と捜査員は唇をかむ。現場と上層部が元巡査長をめぐる筋立てで一枚岩ではなかった。

 そのころ、刑事部捜査1課はオウムとは全く別の犯人像に目を向けていた…。(敬称、呼称略)

普天間移設 徳之島、4200人「反対」…島守ろうと集会(毎日新聞)
「初めて知った」鉢呂議員、訂正検討 虚偽記載認める(産経新聞)
足利事件再審 判決要旨(3)(産経新聞)
チューリップ約700本切断=花博記念公園−大阪(時事通信)
元副署長、4月にも聴取の意向=起訴議決で指定弁護士−明石歩道橋事故(時事通信)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
ネットビジネス
ブラック キャッシング OK
カードでお金
クレジットカード現金化
競馬情報
情報商材レビュー
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
探偵社
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
  • 「麗子」像傾き、誰かが戻す? =補強修理の方針―東京・亀有(時事通信)
    みっくみく (08/27)
  • 「麗子」像傾き、誰かが戻す? =補強修理の方針―東京・亀有(時事通信)
    アジャ公 (05/03)
  • 「麗子」像傾き、誰かが戻す? =補強修理の方針―東京・亀有(時事通信)
    すかるしのぶ (04/28)
  • 「麗子」像傾き、誰かが戻す? =補強修理の方針―東京・亀有(時事通信)
    とろろいも (01/15)
  • 「麗子」像傾き、誰かが戻す? =補強修理の方針―東京・亀有(時事通信)
    カドルト (01/10)
  • 「麗子」像傾き、誰かが戻す? =補強修理の方針―東京・亀有(時事通信)
    オリンキー (01/04)
  • 「麗子」像傾き、誰かが戻す? =補強修理の方針―東京・亀有(時事通信)
    ナーマソフト (12/25)
  • 「麗子」像傾き、誰かが戻す? =補強修理の方針―東京・亀有(時事通信)
    ポリエモン (12/21)
  • 「麗子」像傾き、誰かが戻す? =補強修理の方針―東京・亀有(時事通信)
    ちんたまん (12/05)
  • 「麗子」像傾き、誰かが戻す? =補強修理の方針―東京・亀有(時事通信)
    さもはん (11/27)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM